水中ドローンスクールに通うなら、現場経験の豊富な埼玉校へ

 こんにちは、Dアカデミー関東埼玉校スタッフの佐々木です。

全国で30校近くの水中ドローンスクールがありますが、新しいツールであることで製品の導入についてもそうですが、まずは何が必要なのか、どう使用していくのが効率的なのか?法令・法律はないのか?など検討されている方も非常に多く、まだ二の足を踏んでいる方も多いかと思います。


当スクールも2019年から開校していますが、近年では問い合わせも増えております。現在もどこに通ったらいいか悩んでいる方も少なくないはずですよね。



我々が心がけていること

私たちは全国各地で実際に水中ドローンを活用した点検調査を行いながら、この新技術をどう活用すると社会にとって良となるのか?を人材育成の中でお伝えしています。


↓講師は全員Youtube動画でも水中ドローンのお話を広げています。

ご参考にどうぞ。真面目に現場をこなしながら、両端で幅を広げているスクールです。

私たちにしかわからない、現場での生の話が聞けます。


北海道から沖縄県まで全国から通われています

普段は「海」よりも「陸」側の点検調査撮影の受注がメインではあるのですが、平日は現場へ出張へ行き、土日は人材育成と日々水中ドローン活用の発信を続けております。


その甲斐あってか、毎月全国各地から受講生の生徒様がいらしてくださり、水中ドローンを今後どう使用していきたいかなどヒアリングしながら、現場運用を目的とするご案内を心がけています。


通われた生徒様からのご紹介も増えており、卒業生が毎週増えていくことは、インストラクターとして、とても嬉しい限りです。

企業様単位でカスタムで日程を組むことも可能です。

お気軽にご相談ください。


水中ドローンスクール埼玉校の開講日程を確認する


また点検調査として偏ってしまいますが、

今までの現場事例のご紹介をした資料は以下よりダウンロードできます。

資料を確認する (建設イプロスまちづくりサイトへ移動します)


◆NETIS登録 :水中自航型ロボットカメラ(水中ドローン)による水中設置物の保全点検技術 KTK‐ 210002‐ A


水中自航型ロボットカメラ(水中ドローン)活用実例

・橋脚調査、定期点検

・ダム施設の維持管理

・貯水池の維持管理

・処理場、ポンプ場施設管理

・大学海洋研究

・流域下水道管路調査

・養殖場成育状況視認・観察

・農業用排水路内調査

・浄水場オゾン接触池管路内調査


■水中ドローン製品を購入検討されている方はこちら

最新の水中ドローンを購入する


■水中ドローンスクールに関連するお問い合わせ・お見積もり等は以下へご連絡ください。

株式会社ジュンテクノサービス

メール:info@jun-techno.com

電話:049-265-8651

水中ドローンスクール 担当:佐々木(ささき)

閲覧数:22回0件のコメント