• Dアカデミー関東埼玉スタッフ

水中ドローンスクール埼玉12期生が修了、卒業生40名に

こんにちは、ドローンスクール埼玉(川越)のスタッフ佐々木です。


今回の記事は、日本水中ドローン協会が認定する民間資格の水中ドローン安全潜航操縦士認定講習の卒業生が40名になりました。「空」と「水」と共にスクールを開講する私たちの現場記録と水中ドローンの可能性について記事にしました。


水中ドローン安全潜航操縦士認定講習とは?


日本水中ドローン協会が認定する『水中ドローン安全潜航操縦士』の資格ですが、新たな水中・海中ビジネスの主役となる水中ドローンのエキスパートの育成を主軸に講習は構成されています。水中ドローンをビジネス利用する際の運用全般の考え方を学ぶことが出来ます。

カリキュラム・講座一覧はこちら


皆さんもご存知の通り、空飛ぶ産業革命を確率した小型無人航空機は課題解決のためのひとつのツールとなり、現在ではドローンも高性能になりました。個別分野におけるロードマップ2020を見てもわかるように、2019年に物流(離島や山間部等における荷物配送)は、2020年以降の計画には都市を含む地域における荷物配送になっています。


このように空のドローンは常に目標に向かって動いています。


私たちは現在ロードマップに記載がない水中分野を作り始めています。

では水中ドローンの導入を検討している場所はどこになるのでしょうか。当たり前のように住んでいる日本国内は、島国であり潜在的な意識の中で水に囲まれた地で育っています。日本国内の海洋資産を調べてみていただければ、この業務だけでも膨大な数の水中ビジネスが見えてくるはずです。海洋資源のみならず、人工物に作られたダムや貯水池などは水を抜かずに作業をすることを目指し、コスト削減につなげる動きに流れています。


ここで少し水中ドローンから話が逸れますが、当校がインフラに力を入れ続けているのはなぜなのか?をお伝えしていきます。


当スクールは、2017年3月よりJUIDA認定ドローンスクールのDアカデミー関東埼玉校を開校しました。Dアカデミー関東埼玉校は、北海道から沖縄まで全国15校のスクールを展開しているDアカデミーアライアンスグループの一つであり、グループでは3役を中心として、方向性を定め、その志を共にアライアンス加盟企業が空の産業革命に日々切磋琢磨しています。数多くあるドローンスクールの中でも『産業利用』の操縦者にとって何が必要なのか?を徹底して考え抜くことで、さらなる日本の発展に貢献するという目標をかかげアライアンスを組んでいます。1校1校が自立した独自性を発揮し、活動を行う上でアライアンスグループの発起人であるDアカデミー関東本部を運営する依田健一(よだけんいち)代表は建設・インフラ点検に特に力を入れており、千葉県君津市と共同で橋梁点検における実証実験に成功しています。


アイネット、君津市、Dアカデミーの3社で 「無人航空機による橋梁点検の実証実験に関する覚書」を 締結しました


私たちは、無人航空機の活用の中に水中ドローンも導入することで、また違った目線での新技術の活用を見出すことを見据えています。アライアンスグループでも埼玉校は若い力と努力で培った技術があります。


他のドローンスクールとぜひ比べてください。

本気で生徒さんと向き合い、会話し、どう現場で活用していくのかを考え抜く力があります。また卒業後の事業活用までご相談いただいており、スクール開講からあっという間に3年半が経過しました。卒業生様の相談の延長によりインフラ点検の協業させていただくことも増えてきました。信頼があっての協業、とても光栄です。


JUIDA認定のドローンスクールと日本水中ドローン協会が認める水中ドローンスクールを合わせて持つことで、課題解決の選択肢と提案内容が大幅に多くなります。水中のご相談がいつの間にか空も水中も引き受けていた・・なんてということも。(笑)


2015年4月22日の首相官邸にドローンが落下した事件後と同様に水中ドローンの発展はこの2・3年で目まぐるしいほどに成長を遂げています。空飛ぶドローンも機種性能が上がることで作業利用が可能となり、様々な分野での活用が広がっていきました。

ここに新製品の動画をリンクしておきます。




それでは長くなりましたが、卒業された皆様のご活躍を楽しみにしております。


-----

株式会社ジュンテクノサービス (https://www.jun-techno.com/

ECサイト:ドローンテクニカルファクトリー川越(https://drone-kawagoe.shop/

QYSEA社FIFISHシリーズの国内修理センター水中ドローンによる調査・点検・販売など全国対応中。実績多数、BtoBの企業導入相談〜購入後の修理サポートまで一括でお受けいたします。FIFISH国内正規代理店、DJI特約代理店。

一社)日本UAS産業振興協議会認定スクール(無人航空機技能操縦者&安全運航管理者)

一社)日本水中ドローン協会認定スクール(水中ドローン安全潜航操縦士認定講習 ) DJIスペシャリスト養成講座 各種開講中


54回の閲覧

最新記事

すべて表示

水中ドローンの歴史

水中ドローンの歴史 水中ドローンは、ドローンと呼ばれるだけに近年、登場してきたものと思われがちですが、実は古くから存在しています。もちろん、日本で水上ドローンがよく知られるようになったのは最近のことですが、アメリカ、イギリス、ノルウェーの3ヶ国で開発が始まったのは、今から50年ほど昔のことなのです。 水中ドローンROV 歴史ある水中ドローン。「Remotely Operated Vehicle」の

logo.png
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
D-academy 関東埼玉校
​株式会社ジュンテクノサービス
〒350-1110​​ 埼玉県川越市豊田町3-4-2-5F
​Mail:info@d-academy-saitama.com
​お問い合わせはメール又は
お問い合わせフォームよりお問い合わせください。